宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

HTVが宇宙へ!

こんにちわ。宇宙.Chです。

 

先ほど、H2B ロケット 6号機の打ち上げが成功しましたね。

夜の打ち上げで、落ち着いてみれることもあり、今回はライブをしっかりみました。

 

毎回の事なんですが、自分たちが作ったものは成功するまでは、落ち着かないですね。

無事にHTV(こうのとり)を分離できて、ほっとしました。

 

打ち上げ時は、固体ロケット、1段、2段と徐々に分離していきますが、この”分離”するときは

簡単にいうと”火薬”で金属を切って、分離しています。

 

火薬本体に着火させるために、まずは電気信号で起爆管(少量の火薬が入っています)を作動させ、

衝撃波で実際の導火線に点火、そして、その威力で金属を切断しています。

たとえは悪いですが、爆発でモノが破壊されるときのような威力で。

その部分の金属は少し切れやすい形状で、”切れるきっかけ”をつくっています。

強さ”を保ちつつ、”切れる時は切れる”というのが”きも”なんですね。

 

なので、やっぱり通常では使わないような金属の使い方をしていますね。

極限までというか、ぎりぎりの線で。

 

宇宙に行くには、やっぱり、”通常ではやらないこと”、”常識を超えた挑戦”をしなければ、すすめないのだなということを改めて思いました。

 

なんでも新しいことをするときは”非常識な挑戦”をしていないと殻をやぶれないですね(*^_^*)

 

(画像:JAXA殿より引用)