読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

H2A ロケット打ち上げは2か月に一回のペースで

こんにちは、宇宙Ch.です。


少し遅くなりました、今週の火曜 1/24に H2A ロケット32号機が打ち上げられました。

打ち上げ成功は32回中31回となり、ここ数年は安定してきています。
なので、ロケットを作る側としては、開発要素がないので淡々と作っているというのが
最近感じることです。

ただ、タイトルにあるようにH2Aロケットは最近、2ヶ月に1回のペースで打ち上がっており、
淡々と言いながらもスピードをアップして作っています。

大きなものなので、すぐにできるというものではありません。
なので、仕込みは1年以上も前から、打ち上げ日程に合わせて作っているんです。

日本酒を米から作るように、早くから仕込みをしながらです。

ロケットの部品は数万点にも及びます。なので、キーになる部品をおさえて、足が長い部品をまずははじめに作り始めます。
 
はじめにスタートするのは、金属の大きな塊 ”鍛造品”というものです。
金属の素材を溶かして、固めていくというものですが、そんなに沢山の数が出るわけではないので、金属メーカーさんに頼むと順番待ちに成ってしまうので、早く注文して順番を待たないといけないんです。
(やはり数が大きいものには勝てません。建築部材とかですね)

3月にも打ち上げがあり、来年度の同じペースで打ち上がります。もちろん、今から仕込みはやっていますが、同じものを作る中でもそれなりに苦労があるロケット作りです。
 
jaxaさんより引用)