宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

宇宙の仕事に”何か”を残してみませんか?(宇宙ビジネスアイデア募集の案内です。)

今、JAXAさんのほうで、宇宙にある人工衛星・宇宙ステーションでの有人宇宙活動・

宇宙輸送(ロケット打ち上げ技術など)の技術そこで得られた衛星データなどを利用したビジネスアイデア7/18まで募集されています。

これらを利用したものであれば何でもいいです。

そうはいっても、

実現性ができそうか

・そのビジネスアイデア発展性があるか。

というのは審査ポイントになります。あと書いてあるのは″革新性”

あるかという点です。

 

宇宙チャンンル的にはこの中で”発展性”がもっとも重要かと思っています。

発展性とはビジネスとして開花するということです。商売として需要(ニーズ)があるということですね。それがないといくら実現できても、斬新でもビジネスとして

成り立ちませんからね。

例でいうと数年前、3Dテレビというのが発売されていたと思いますが、最近はめっきり聞きませんね。購入する人が”家で3Dで画像を見る”ということまで望んでいなかったのだと思います。迫力のある映像は家の小さなテレビではなく、大画面の劇場で、他の多くの人と一緒に見ながら、”驚き”や”感動”を共有できるということがニーズだったのだと思います。

f:id:Uchu-Channel:20170702165748j:plain

 

そう思って考えましたら、うーん、宇宙チャンネルの場合は、既存の宇宙技術やビジネスが脳みそを邪魔してあまり革新的なものが浮かんでいないです。

 

人工衛星のリモート技術を利用した子供さんや高齢の方の安全確保・追跡サービス

 (要はいつでもその人がどこにいるかわかるようになったら安心が得られるような)

 

人工衛星の情報をもとにした”最短ルートナビ”

 (リアルタイムで交通状況をつかみ最適な経路を教える。効率的な時間の使い方ができる)

など、思いつきそうなものばかりで...

 

f:id:Uchu-Channel:20170702170129j:plain

なぜ、宇宙ビジネスがなかなか活性化できていないかを考えて宇宙ビジネス案を作り出した方が良さそうです。

 ・コストが高い。(相乗り衛星でも数億円はかかる)

 ・様々な規制がある。(打ち上げ期間、場所、安全など)

 

そして、未来がどうなるか(どうなってほしいか)と想像して考える。

 ・誰でも宇宙へいける。

 ・宇宙への遥かなる旅ができる。

 ・宇宙の資源がエネルギー問題を解決できる。

 ・宇宙でできた成分が新薬になる。

 ・宇宙への輸送技術が地上の輸送に転換され劇的に移動時間が短縮される。

f:id:Uchu-Channel:20170702124603j:plain

(”2001年宇宙の旅”より)

 

ここから少し考えてみようと思います。

皆さんもいいビジネスアイデアがあったらぜひ応募してみてください🚀