宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

ロケットは金色に輝く?

こんにちは。 宇宙Ch.です。

 

今回はロケットの素材についてのお話です。

ロケットの🚀素材には軽くするために多くのアルミ合金が使われいます。

”合金”なので、純粋にアルミだけでなく、違う金属を添加することでいろいろな特性をだしています。

コーヒー☕️の配合と同じようにです。苦味 を足したかったら、コロンビア産の豆を混ぜてみたいに。

 

ちなみにジュースのアルミ缶は

筒の部分:アルミ×マンガン (理科の実験で出てきたマンガン

蓋部分:アルミ×マグネシウム

でもちろん蓋部分のほうが強いアルミ合金になっています。

 

”ロケット”ではというと

骨組みになるところは強度のある合金、世の中で”ジュラルミンといわれいるものとほぼ同様なものなど

アルミ合金の中でももっとも強度が高いものに分類されるものを、

それ以外のところはある程度強い&錆びにくいものを使っています

 

アルミはそもそも錆びにくいのですが、”合金”にすることで錆び易くなってしまう場合もあるので、ロケットのほとんどアルミ合金は”表面”に処理をします。

 

そうするとアルミは”うすい金色”になります。「輝く」なんて書いていますが、”つや消し金色”の

ような感じで実際には金色ですが、輝きはない感じです(~_~;)

 

実際には、その処理の上に色を塗ることは多いので、外からは、ほぼみえないのが現実なので実際に”金色”になることはないですね。でも、ロケットも車の色のように、いろんなバリエーションの色のロケットができたら、もっと親近感がわくような気がします(笑)

 

三鷹金属化工所様より引用