読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

満月(ウルトラスーパームーン)

明日というか、もう今日ですが11/14は満月ですね。

 

今回の満月はいわゆる”ウルトラスーパームーン”で”68年ぶりの月と地球の近さ”

とのことです。通常の月より約15%ほど大きく見えると。

 

ロケットを作っているので、”満月”という言葉で違うことを調べてみました。

 

地球から月まで38万キロ、地球 直径1.2万キロなので、地球を約32周で月に到着します。

飛行機ぐらいの時速:850kmでいくと約19日かかってしまいますね、ちょっと長い・・・

 

ちなみ、アポロは4日間です。

 

その前に地球の引力が脱出しなければいけないのですが、このスピードが秒速;16.7km

1時間に約6万kmすすみます!

 

そのスピードをだすには、やっぱり爆発的な推進力を出す固体ロケットの燃焼が必要です。

ロケットが1段、2段.3段などと多段式になっているのは、1段で出た速さをさらに2段で、

2段での速さを3段でロケットを切り離して軽くしていきながら、加速度をどんどん増して、

このような速さを確保しています。

 

”強さを保ちながら、軽くしていく”というのが、開発でも重要なポイントで、”軽くて丈夫な繊維の固まり”をどんどん改良しながら、より良いものを作っているというのが、ロケット開発で日々行われていることなんです )^o^(