宇宙ちゃんねる (Uchu Channel)

宇宙ちゃんねる(Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

近いうちに人工衛星をつかってできるようになることのモデル案を考えてみた その①

 世界では民間の企業での大型・小型問わずロケットの打ち上げ、人工衛星の製造がここ数年、にわかに活況となっています。代表格はやっぱりスペースXで、皆さんもご存じではないですかね。火星へテスラモーターのロードスターを飛ばしたり、ロケットを再着陸させたり、最近ではZOZOの創業者 前澤さんがスペースXの月旅行の初めの旅行者になったことで話題になっています。

 

f:id:Uchu-Channel:20180922133908j:plain

人工衛星が急激に増えることで身近な私たちの生活にどういう変化をもたらすことができるか」そんなモデル案を書いていきたいと思います。

 

ショッピングモールでどこのスペースが空いているかぐるぐる回らないとわからない」という経験をおもに車が移動手段になっている方はしたことがあるのではないでしょうか。

 

そんな時、リアルタイムで宇宙から見た駐車場の空きがすぐわかったら。そして、自分の車の位置で最短の空きスペースがわかったら便利になるのでは。

お客さんは駐車スペースがなかなか見つからず、イライラしなくて済む。お店の側からするともしかしたら諦めて帰ってしまうお客さんもいるかもしれないし、お客さんがスムーズに駐車できればその分お店に早く入ることができ、お店の滞在時間を延ばすことにも貢献してくれるかもしれない。

また、ときには駐車場の取り合いでいざこざになることもあるかもしれない。それも空きスペースに一番近い人がわかることでなくなるかもしれない。

問題はこれから駐車場に入ろうとしている車と出て行った車の識別だ。でも、それも動画のようにリアルタイムの画像を撮り続けるによって、駐車スペースから出る車、入ってきた車の識別ができると考えている。

 

f:id:Uchu-Channel:20180922134037j:plain

そして、同時にバックビューモニタもいらなくなる。宇宙からの画像、自動車の真上からの画像を確認しながら、正確に駐車スペースに入れるように点線なんかで指示が出るようになる、さらには自動的にハンドルを持たずにバックでの駐車が誰にでも楽にできるようになる。

 

そう、もっと大きな問題の解決がでてくる。衛星からの正確でリアルタイム画像が撮れるようになると自動運転が間違いなく加速される。駐車や運転時のハンドル操作、事故防止につながるような自動運転技術となり、交通事故が激減されるはずだと思っている。お子さんの急な飛び出しもその画像で検知できるようになるのだから。

f:id:Uchu-Channel:20180922134922j:plain

そうするとどんなことが起こるか。ナビゲーションシステムは間違いなく衛生画像とリンクされ、道に迷うことがなくなり、最適・最短の経路で目的地につくようになる。最短で目的地につくことで人が使える時間が増えることになる。

交通事故が激減することで自動車保険に入らなくなる人が確実に増えてくると保険会社の収益確保が難しくなる。”ナビゲーションシステムの故障保険”といった違った形の保険ができるかもしれない。

また、自動運転により、最適な速度で走行されるようになり、ガソリンや電気の消費量が減少となる。ガソリンスタンドが淘汰されるようになるかもしれない。

運転時のエネルギー消費が減り、一人当たりのカロリー消費量も減るかもしれない。その余ったカロリーが、何かを想像することに使われれば、よりイノベーションをおこすようなビジネスにつながるかもしれない。

 

”車の運転を楽しむ”人には良いが、仕事のために運転している人や目的地にいくために運転している人にとっては、車の運転というは適度に体を動かすわけでもないし、”実にもったいない行動”なのかも知れない。それが、”自動運転で運転することがほぼなくなる”ということは、移動手段として日本人が使ってきた、徒歩(体を動かすからよいかも)→馬→自転車(これも体を動かす)、そして”自動車の運転”というもしかしたら最ももったいない行動をなくす画期的な進歩になるのではと。

そのためのリアル人工衛星画像について、いろいろ調べておこう。そして、このアイデアを実現するにはどう行動すればよいかを決めていこう。ぱっと考えられるのは小型の人工衛星を数百機単位で飛ばす計画をしている衛星メーカーにアプローチして画像処理の技術に詳しい企業にアプローチして、それをつなげて自動運転技術を推し進めている自動車メーカーとともにそのシステムを構築していくことが具現化する最短かもしれない。

f:id:Uchu-Channel:20180922153006j:plain

 そして、小さな人工衛星が100,200飛び回れば、街に設置されているカメラの必要なくなるかもしれないし、宇宙から監視されていることで犯罪が減らせることもできるのでは考える。反面、プライバシーは宇宙から見えないところでなら、守られるかもしれないが、外だとすぐわかってしまうようになる。あんまりいい言葉ではないけど宇宙から”管理される”ことで世の中全体にとってはよいことの方が多くなるじゃないかなと思う。