読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

ジェット機もビジネスもエンジン1機でも飛ばないといけない?

宇宙(そら)”を飛ぶ飛行機とロケットは共通点は多くあるので、本日はちょっと

ジェット機で。

 

共通点の一つはどちらもなるべく燃料を少なく効率的に飛べるようにより軽く・強く

作るわけですが、ブログにも何度か書いている同じ”繊維強化プラスチック(FRP)”が

同じような構造で作られている部分があります。ジェット機のファンの部分となる

円筒形の筒は、ロケットとの胴体としても使われているんです。

f:id:Uchu-Channel:20170415235432j:plain

 

ジェット機はエンジン1機でも飛ばないといけない?”

ですが、国際的な取り決めでエンジン1機でも飛べなくてはいけないというのが

決まっています。

 

ロケットはもちろん、鉄道などもある箇所が壊れても、動き続けるようにしておく

”冗長性”を持たせるというのが当たり前となっています。宇宙チャンネルは

この”冗長性”というなんか言葉が好きです。サブシステムという言葉でもいいですね。

f:id:Uchu-Channel:20170416000740j:plain

これはビジネスでも当てはめていく必要があると思っています。

 

最近の例でいうと北海道のジャガイモ不作の問題。

スーパーの店頭からポテトチップスの在庫がなくなっていることが起きています。

もし、ポテトチップを作っているあるメーカーが”100% 北海道産ポテト”でしか

作っていなかったら、そのメーカーは途端に製造ができなくなくなり、スーパーに

ポテトチップスを並べることができなくなってしまいますね。

 

f:id:Uchu-Channel:20170416002741j:plain

なので、ビジネスでもこの”冗長性”が必要です。ビジネスではポートフォリオという

言葉が使われます。

ただし、扱うものはなんでもよいというものではありません。

大きなテーマはブレてはいけません。

 

例えば、街の写真屋さん。

主な収入源は近くの学校などの公共施設の集合写真や卒業アルバムなどの写真撮影です。子供人口はどんどん減っているので、小学校なども統合や閉校が進んでいて先細りです。

一方、カメラ女子など一眼レフでカメラ撮影などはずいぶん普及しています。

そこで、もともと”プロ”である街の写真屋さんが、”プロのような写真を撮る技術”をセミナーや講座を行ったらどうでしょう。また、レジュメにや動画にして、インターネットを通じて、全国の人にアプローチしていくなども展開をしていくこともできると思います。

このように”撮影技術”という一貫したテーマで仕事の幅”冗長性”を作っていくということはビジネスでも、大切だと感じています。

ただし、根底には”確かな実力”があった上で成り立つものですね。

ロケットもジェット機もビジネスも!

f:id:Uchu-Channel:20170416004150j:plain