読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

イプシロンロケット2号機 打ち上げは明日!

ブログ

こんばんわ、宇宙Ch.です。

 

僕もバリバリたずさわっているイプシロンロケット2号機が約3年ぶりに

明日12/20 20:00 打ち上げられます。

 

2号機、1号機の打ち上げから3年が経過しています。

なんで1号機から3年も空いてしまったかというと、かなり改良型だからです。

(個人的にはもう1年は早くできたのではと思いますが。間が空きすぎると人々の記憶から

 忘れられてしまいますよね。。。。”勢い”は大切なので)

 

でも、将来をロケットとして生き残っていくには、必要な改良だったのかなと思います。

まずは、飛ばせる衛星の重さをレベルアップしています。2段モータを大きくしているという変更により。

あとは、部品の少なくしています。今まではいろいろなパーツからできていたものを、一体構造にしたり2分割だったものを一緒にしたり。部品を減らすのはコスト削減の一番の近道だと思います。

部品を購入することも減るし、組み立てる作業時間も削減できると良い面がおおく、”一体なので失敗するとやり直しがきかなくなる”というデメリットをしのぐメリットがあります。

 

もちろん、実際飛ばすモデルを作るうえで、上のデメリットをつぶすべく、プロトタイプモデル

さまざまな試験をしています。

 

なので、プロトタイプで試験を終えたとたん、急いでフライトモデルを作るのがいつもながら大変なのです。

なにせ、時間が無くなってきますから。

 

とにもかくにも、無事に衛星を”ジオスペース(宇宙空間)”に旅立たせてくれる最終ミッションが成功することを願うのみです。

 

JAXAより引用)