読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙チャンネル (Uchu Channel)

宇宙チャンネル (Uchu Channel)を通して現役ロケット開発者がわたし自身が語る、ロケット開発の生の声、宇宙や星に関するいろんな情報を発信しています。 そして、この発信からいろんな人に宇宙に興味をもってもらいたい、日本の自然科学・宇宙産業をもっと活発にしたいと思っています。

宇宙活動法で宇宙産業は拡大できるか。

こんにちは、宇宙Ch.です。今年も、残り3日ですね。

今年はロケットの打ち上げが結構多かったのですが、順調に打ち上げが成功していたので

平穏な年末を迎えられています。また、年明けからは打ち上げが続きますが。

 

今回は宇宙産業の民需拡大に法案”宇宙活動法”について書きたいと

思います。

この法案、11月9日に可決されました。

 

これまでは国主体(jaxaなど)でやってきたロケット打ち上げや商業衛星事業を民間でも宇宙関連事業に参入しやすい環境を作るのが狙い。

アメリカやヨーロッパは宇宙ベンチャー企業は相当あるようで、日本も遅れをとるまいとこの法案が採択されました。

保険も加入が義務付けられます。万が一、ロケットや衛星がおちた場合の被害を補填するための保険ですね。

 

個人的には門戸を開くのであれば、国が保険代の一部を負担するなど、参入する民間が

入りやすくする工夫が必要ではと思います。

あとは内容にも盛り込まれていますが、打ち上げに対する手続き等を簡便にしないといけません。現状、打ち上げ時にはいろいろな交渉や手続きが必要なのです。

例えば、漁業組合との交渉、打上期間は万一に備えるため、漁を控えてもらう交渉などを

あらかじめしておくことが必要です。

また、ロケットは”火薬”を使用するので、火薬取締法にのっとった運用(運んだり、組み立てたりする場合に制限や事前申請)が必要なのです。

 

そういったことを一元的にやってくれる”窓口”があるといいのではと記事を書いていておもいました)^o^(

会社の税金のことはすべてやってくれる顧問税理士のような場所があればですね。

 

上のようなことが進んで、簡単になって、普通の会社でもどんどん参入できるようななれば

コストを意識したロケット・衛星作り、打ち上げが広がり、お客さんとのギャッップも埋められるのではない思います。

 

現状は、日本は技術は世界トップレベルですが、やはりコスト面ではまだまだ高いので、

海外からの受注が少ないんですね。(お客さんが望むコストになっていない)

日本の宇宙事業は”すごい出来る子なのに、学費が払えず大学いけない”ような感じでなのです。

 

この法律で”開かれた宇宙ビジネス”がすすむことを期待しています。

そして、宇宙Ch.自身もこの宇宙ビジネスの一躍を担えるようになりたいと思います。

宇宙飛行士になるには①

こんにちは、宇宙Ch.です。

 

今回は、タイトルにありますように

”宇宙飛行士になるには”

 

をシリーズで連載していきたいと思います。

宇宙Ch.もほどなく前回の”宇宙飛行士候補者試験を受けたのですが、語学力不足で

落選しました(~_~;)

 

1回目はまず、募集要項に書かれていてる”応募条件”の

 

 ・大学(自然科学系※)卒業以上であること。

   (※)理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等 )

 

 ・自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験

 

について書いていきたいと思います。

 

まず、

 

 ”大学(自然科学系※)卒業以上であること

 

ですが、宇宙飛行士の仕事として

 

   実際に宇宙、宇宙ステーションでの活動は

   宇宙空間での実験や宇宙ステーションの操作や修理、

 

   地上では

   宇宙に飛び立つための様々な訓練、その他宇宙に行くための事前準備(資料作成 

   宇宙ステーションに積む実験装置などの事前確認、それとシンポジウムなどの講演、

  

   など、様々な仕事があります。

 

  多くの仕事はやはり”理系分野”に属した内容なので、ある程度”理系の言葉を

  理解するベースがないと話す内容を理解することから始めなくてはなりませんから

  

  例えるなら、最低でも中学校で”英語”を3年学んだ人と

  全く英語を学んだことがない人で、いざ海外旅行、飛行機の食事の時に

  ”ビーフ オワ フィッシュ”と聞かれた時に”ビーフ”と”チキン”という

  その単語を何となくでも覚えているかと全く言葉の意味がわからないでは

  かなりの違いがありますよね。

 

  そういったことを踏まえて”応募条件”に含まれているのだと思います。

 

 ちなみに、宇宙Ch.が所属する会社もロケット以外にも宇宙ステーションに積む実験装置もつくっているので、たまに宇宙飛行士の方が、事前確認にやってきます。

いきなり、宇宙でぶっつけ本番で使うのでなく、使い勝手や操作を実物で見ておくことは重要ですからね。”新車を買う場合に試乗するのと同じよう”にですね、

 

2つ目の

 ・自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の

  実務経験実務経験

 

   こちらも一つ目の”理系の言葉を理解するベース”があることとプラス働くことへの

   適応性を養うということを踏まえてなのだと思います。

 

   また、大学生と社会人は環境が大きく異なります。

 

   社会人はいろんな年齢の人と接し、物事を進めていく。

   新入社員なんかは自分の親よりも上の人と仕事をすることもあり、同世代ばかり

   いた学生の時は違う言わば”異人種”の人たちと上手くやっていく協調性を養えます。

   宇宙飛行士もJAXAの職員と同様の扱いなので、”ある組織の中にいる社会人”には

   変わりはありませんからね。

 

 上の2つの応募条件は宇宙飛行士なるための”最低限の基礎(ベース)”があることを求められているのだと思います。

 家も柱がないと建たないように、宇宙飛行士になる柱はあらかじめ立てていないといけませんね。

 

(NASA画像より)

 

イプシロンがあがった!

こんばんわ宇宙Ch.です。

 

本日(12/20)、20:00  鹿児島の内之浦宇宙空間観測所から固体燃料ロケット”イプシロン”2号機が打ち上げられ、無事 衛星を軌道に投入できました。

 

このロケット開発の段階から1からみてきたもので、変更している2段モータなど、初めての部分もあり、ちゃんと燃焼してくれるか、どきどきしながらライブを観ていました。

 

衛星を分離する直前まで、開発による変更点があったので、1段分離、2段分離、3段分離とひとつひとつクリアしていくごとにほっとした気持ちになりました。

 

1号機のときは、2回ほど打上日程が延期になっていたので、1回ですべてがうまくいったことに爽快感がありましたね!

 

イプシロンロケットの道”はまだまだ始まったばかり、比較的 小型の衛星を積むことが使命なので、お客さんが望んでいること

回数を重ね信頼性を!”、”コストより安く”を目指して進んでいきたいと思っています。

 

(twitterより)

 

イプシロンロケット2号機 打ち上げは明日!

こんばんわ、宇宙Ch.です。

 

僕もバリバリたずさわっているイプシロンロケット2号機が約3年ぶりに

明日12/20 20:00 打ち上げられます。

 

2号機、1号機の打ち上げから3年が経過しています。

なんで1号機から3年も空いてしまったかというと、かなり改良型だからです。

(個人的にはもう1年は早くできたのではと思いますが。間が空きすぎると人々の記憶から

 忘れられてしまいますよね。。。。”勢い”は大切なので)

 

でも、将来をロケットとして生き残っていくには、必要な改良だったのかなと思います。

まずは、飛ばせる衛星の重さをレベルアップしています。2段モータを大きくしているという変更により。

あとは、部品の少なくしています。今まではいろいろなパーツからできていたものを、一体構造にしたり2分割だったものを一緒にしたり。部品を減らすのはコスト削減の一番の近道だと思います。

部品を購入することも減るし、組み立てる作業時間も削減できると良い面がおおく、”一体なので失敗するとやり直しがきかなくなる”というデメリットをしのぐメリットがあります。

 

もちろん、実際飛ばすモデルを作るうえで、上のデメリットをつぶすべく、プロトタイプモデル

さまざまな試験をしています。

 

なので、プロトタイプで試験を終えたとたん、急いでフライトモデルを作るのがいつもながら大変なのです。

なにせ、時間が無くなってきますから。

 

とにもかくにも、無事に衛星を”ジオスペース(宇宙空間)”に旅立たせてくれる最終ミッションが成功することを願うのみです。

 

JAXAより引用)

スター・ウォーズで描かれる宇宙はどの辺にあるのか。

先日、『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が

全世界公開されましたね。

 

最近、日常にもある意味”フォース”があるんじゃないかと思っている宇宙Ch.としてはなんだかわくわく感があります。

ざっくり、言うと”自分の頭の中でその場面を詳細に思い描き、信じたものは現実となるのでは”ということです。

(フォースでジェダイの騎士が遠くにあるライトセーバーなどを動かせるように)

もちろん、そのうえで行動も必要ですが。(詳細にイメージできないと何を行動に落としていけばよいかもわからないですしね。)

この話は、機会があるときにもうちょっと話したいとおもいます。

 

そんなことを考えていたらタイトルにあるように

スター・ウォーズで描かれているところは宇宙はどの辺になんだろう?

と思い、探してみました。

 

スターウオーズの舞台は”遠い昔・・・遥か彼方の銀河系で・・・”というテロップが流れるように、僕たちが住んでいる(天の川)銀河系とは全く別の銀河を舞台にしています。ダースベイダーなどの銀河帝国の首都コルサントのその銀河系の中心に近いところにあります。そのほか、タトゥイーンナブーは銀河系に散らばっています。

 

 

(Star Wars Galaxy Mapより) 

 

では僕らが住んでいる(天の川)銀河系の中心はというと、

超巨大ブラックホールであると考えられていて、空の位置でうと

いて座の位置のほうに中心のブラックホールが存在しているとのことです。

 

残念ながら冬の時期にはいて座が観えないので、夏になったら下記の図を参考に探して、

銀河系の中心はこの辺なんだ~と、思いをはせるのはよいですね。最近かなり寒いので、夏の昼間の暑さが”もわっ~”と夜にも残っている感じの夏の夜、星を観ているのを想像してしまいます)^o^(

夏が恋しいぐらい、寒いですから。

 

(夏の星空(いて座):astroartsさまより)

2017年 天体イベントは?

こんにちは、宇宙Ch.です。

 

もう、12月も半ばですね。2週間ほどで2016年が終わろうとしています。

さて、2017年 天体イベントをまとめてみました。

2016年の”スーパームーンなどがありましたが、2017年は少し小ぶりです。夏の部分月食は真夜中ですが、夏休み中なので、空気のきれいな場所で夜更かしするのもいいですね。蚊対策を万全で!この寒い時期に、夏を思い浮かべて、想像するのは何か楽しみです。

 

なによりも宇宙Ch.自身も2017年はもっと星や宇宙に触れて、その楽しさ

伝えていきたいと思います(*^_^*)

 

(2017年)

1月3日  23時頃  しぶんぎ座流星群

4月22日(土曜日)21時頃  こと座流星群

5月6日(土曜日) 10時頃 みずがめ座η流星群

8月13日(日曜日) 4時頃  ペルセウス座流星群

10月21日(土曜日) 20時頃 オリオン座流星群     

11月18日(土曜日)1時頃  しし座流星群

12月14日(木曜日)15時頃 ふたご座流星群

 

2017年8月8日 AM2:23~3:21 部分月食

(astroartsより引用)

ロケットの作り方 第1弾(ノーズコーンとは?)

こんにちわ、宇宙Ch.です。

 

今回は”ロケットの作り方” 第一弾として

ロケットの先端部分、”ノーズコーン”と呼ばれるパーツの作り方をお伝えします。

かたちは空気抵抗を考えて、流線形で新幹線の先端と同じようになっています。

 

作り方はほぼ手作り感満載です(笑)

樹脂が染み込んだ繊維シート(FRP:繊維強化プラスチックと呼ばれるもの)を積んでいき、巨体な炉に入れ、オーブンのように、熱と圧力をかけて、この柔らかい繊維シートを固めます。

 

壺の窯焼きと同じように、最適な条件(熱・圧力・時間)を設定する必要があり、そこは

ノウハウになる部分ですね。何時間で何度まで上げるとか細かい条件も設定しているんです。

そうしないとホント 壺と同じで、割れたりしてしまうんです。

 

出来上がったものは、まずは固めただけなので、寸法を出すために仕上げが必要です。

刃物で削るのですが、ここでも注意が必要です。金属ではないので、欠けやすいんですね。

なので、刃物は非常に切れ味が良いものを使用しています。

 

最後は耐熱処理をします。

この時、ロケットは超高速(秒速:2kmぐらい)で進むので、空気が圧縮されるのと摩擦で、温度が非常にあがります。(流れ星が光って見えるのも、熱により燃えているので同じ現象です)

もちろん燃えては困りますので。

 

一通りの作り方は、こんな感じです。

やっぱり、軽量化のためにFRP(繊維強化プラスチック)を使っているのが、特徴的ななところです。金属に比べると半分以下の重さですみますから。

そして、”FRPをベストな状態で固める”というところが、ノーズコーン作りで一番重要になってくるのだと思います。試行錯誤ながら。

初めからうまくいくなんていうことはありませんからね(^ ^)

でも、敵がいないでただボールをゴールに入れるだけのサッカーがつまらないように

何もないとおもしろくないんだと僕は思います。(苦労がないと!

 

(ノーズコーン:ジュピターロケットより)